上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
こんばんは。奈良県橿原市の行政書士・FPの森田光弘です。

許認可取得の手続きとは、人(役員・従業員等)、物(建物・営業所等)、金(申告書・決算書)の要件を整えることに尽きると考えております。
よく、人の要件や建物・営業所の要件を整えることに目が行きがちですが、忘れてはいけないのはお金の要件を整える事。

許可取得前、仮に赤字決算(例:繰越利益剰余金がマイナス)になっていたらどうなるか。

建設業の場合、一般建設業において赤字を出した結果、自己資本が500万円を割り込んでも残高証明書提出で済む場合が多いですが、特定建設業は
・欠損の額が資本金の20%を超えていないこと。
・流動比率(流動資産を流動負債で除した数値に100を乗じた数)が75%以上であること。
・資本金の額が2000万円以上であり、かつ自己資本の額が4000万円以上であること。
の要件がありますので、要件に抵触すると特定を維持できないということになります。
また、公共工事の入札に参加する場合、経営事項審査申請(経審)を受審している必要がありますが、赤字決算で経審を迎えると点数が大幅ダウンし、大きな金額の工事に参加できないということになります。

産業廃棄物処理業の場合、繰越利益剰余金が赤字になっていると、今後5年間の利益計画の追加提出を求められるケースが多いです。さらに債務超過、3年連続赤字という状態だとかなりの追加資料を求められることになります。私の経験では、利益計画の挙証のために、利益に見合う数の新規顧客との契約書の提出を求められたことがあります。また、新規申請の場合許可がおりない都道府県もあります。産業廃棄物処理業の場合、不法投棄されることを警戒しているため、財産的要件の審査はかなり厳しくなっております。

運送業の許可の場合、必要経費の半分以上を自己資本(資本金+利益剰余金)でまかなえないと許可がおりません。

あと介護事業においても財産要件を重視している行政があり、中には指定をおろすまで数カ月以上の時間をかけ、それに耐えられるかを見る行政もあります。

このように、許認可においては財産的要件はかなり重要であります。許可を受けたのなら税金をきちんと納めてほしいという意向も見え隠れします。ある意味節税の方向とは逆の側面がありますので、許認可を考えておられる業者さんは、許認可を受けようとする前に税理士の先生に相談して調整をとっておく必要があると思います。許認可の手続きの際、財産的な要件が大切なことを例をあげて述べさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

森田光弘行政書士・FP事務所
〒634-0063
奈良県橿原市久米町716-2
電話:0744-24-3039(外出中でも転送されますのでお気軽にお声をおかけください。)
FAX:0744-24-3065
メール:info@shigotonin0303.com
pagetop
おはようございます。奈良県橿原市の行政書士の森田光弘と申します。


 許可を受ける必要があって、許可申請をするにあたり気になるのが

「許可が下りるまでにはどのくらいかかるのだろうか?」

ということだと思います。


 現在においては、たいていの申請につき、各役所・窓口で標準的な

許可がおりるまでの期間が定められております。

(専門的な用語では標準処理期間といいます。)

標準処理期間は、該当の役所の窓口に問い合わせをすればたいていの場合、教えてもらうことができます。

(なお、イレギュラーがあった場合は処理までの期間は当然延びます。)


一例をあげると

・建設業許可(新規)→40日くらい

・一般貨物自動車運送事業経営許可申請(トラック)→3~4か月くらい

・宅建業免許申請(新規)→40日くらい

・風俗営業許可申請→55日くらい

・産業廃棄物収集運搬業許可申請→2か月~3か月くらい

・特定非営利活動法人(NPO法人)認証申請→4か月くらい


といったところでしょうか。

(上記にあげたのはあくまでも一般的な一例であり、都道府県・市によりかなり異なる場合があります。なお、休日は日数からのぞかれるところが多いです。)


ちなみに奈良県では、標準処理期間をホームページで記載しています。ただし建設業のように記載されていない業種もあります。

奈良県 許認可・届出等の手続のご案内


このように許認可申請というのは許可(認可)が下りるまでに相当日数がかかってしまいます。特に人口の多い都道府県、あるいは1つの窓口に申請が集中する機関では、本当に長期間待たされます。私どもでは、少しでも早く許認可が出ることを願い、矛盾のない要件を整え、丁寧に書類を作成することを心がけております。


お問い合わせはこちらにどうぞ

森田光弘行政書士・FP事務所
〒634-0063
奈良県橿原市久米町716-2
電話:0744-24-3039(外出中でも転送されますのでお気軽にお声をおかけください。)
FAX:0744-24-3065
メール:info@shigotonin0303.com



pagetop
古物営業の許可件数が過去最多、質屋営業の許可件数は過去最少--2012年
警察庁は25日、「2012年中における古物・質屋営業の概況」を発表した。それによると、2012年の古..........
[アメーバニュース]



古物とは、一度使用された物品、若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいいます。(警視庁HP)
これらを反復継続して営利の目的で販売する場合、古物商の許可が必要になります。

古物商の許可をとるために必要な書類は、
・住民票の写し(本籍記載ありのもの)
・登記されていないことの証明書
・身分証明書(市区町村長発行のもの)
・顔写真
・履歴書
・事務所の使用権限を証する書類(賃貸借契約書・不動産登記簿謄本・使用承諾書 等)
・事務所周辺の地図
・事務所の見取図   など
法人の場合はさらに
・商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
・定款 など

申請後許可が出るまでの期間(標準処理期間)40日くらい(←奈良県・休日は算入しない)

申請手数料 19,000円
(行政書士代行申請の場合は別途行政書士報酬 弊事務所はお見積り対応)

申請窓口 各警察署の生活安全課

最近リサイクルの考えが普及し、関心をもたれる許可となっております。
弊事務所でもご相談承っております。是非お気軽にお声をおかけくださいませ。

Q&A(警視庁HP)
古物商・古物市場主許可申請書(奈良県)

お問い合わせはこちらにどうぞ
森田光弘行政書士・FP事務所
〒634-0063
奈良県橿原市久米町716-2
電話:0744-24-3039(外出中でも転送されますのでお気軽にお声をおかけください。)
FAX:0744-24-3065
メール:info@shigotonin0303.com
pagetop
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

大和の仕事人 行政書士 森田光弘

Author:大和の仕事人 行政書士 森田光弘
営業活動に専念したい近畿2府4県の経営者の皆様、笑顔で申請手続き、書類作成を支援いたします。建設業・産廃業・運送業等の各種許認可手続、会社・法人の各種手続、知的資産経営支援、遺言相続が主な業務。奈良・大阪・京都・滋賀・兵庫(たまには東京、神奈川、広島等)と業務エリアの広さが売り。いつも笑顔の癒し系仕事人。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

1日1クリック
ランキングに参加しております。1日1クリックご協力お願いいたします。
アクセス解析
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。